2015-11-03(Tue)

グフ飛行試験型 シールドの裏側

なるべくタイトルがダブらないようにしてるのですが、どうにも書くことがないとこんなところをタイトルにせざるを得なくなってきます。
今年中の完成はすっかり諦めてます。
来年もまたよろしくお願いします♪
いやいや、まだあと2か月弱はありますからね。
もう少しは進みますよ。
たぶん。。

goufflight19-01.jpg
シールドの裏側は、ピンを挿すための穴が盛大に開いてますので、パイプ状の穴を切り落としてプラ棒で穴をふさぎました。
シールド関係では腕と5連装マシンガンの両方に取り付け可能にする方式と、サーベルの取り付けをどうするか思案中です。
サーベルそのものもR35に付いてるのはビームサーベルってことになっていて、シールド下部の四角い穴にはめ込むのですが、実体剣となると取り付けられません。

と、ここでググってみると、どうももともとグフのサーベルはビームサーベルらしいということが判明。
改めて劇中の表現を見てみると、

goufflight19-07.jpg
①シールドの裏側から柄を取り出す。
②この時点では芯しかありません。
③盾を投げ捨てて両手で(!)構え、芯が発光し始めます。
④刃が形成されます。

R35のであってるんじゃん!
ビームサーベルを装備したジオンのモビルスーツはゲルググが最初だと思い込んでいたので驚きでした。
ゲルググが最初っていう設定を有効にするためにグフのサーベルはビームサーベルではないということを説明する後付設定がいろいろ考えられているようですが、都合がいいのでグフはビームサーベルを持っていたということに決定です♪



goufflight19-02.jpg
久々のグフ飛行試験型状態での脚部です。
グフカスのスネのラインと合うように調整を進めてここまで来ました。

goufflight19-03.jpg
後ろ。

goufflight19-04.jpg
ちょっと角度を変えて。

goufflight19-05.jpg
腕の四角い穴のカバーもさらに調整しました。

goufflight19-06.jpg
丸で囲んだところ、スリット状のディテールになっていたのを切り落として後ろからエバグリのプラ板を貼りました。
(元の状態の方がピンボケでわかりにくくてすみません。)

なんとなく写真が縦だと落ち着かないので大抵は横になるようにトリミングすることが多いのですが、今回はどういうわけかすべて縦ですね。


それでは!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

あば

Author:あば
1/144限定、宇宙世紀モノ限定でガンプラをゆっくり作ってます。遊べるプラモが大好きです。リンクはご自由にどうぞ。

カウンター since 2012/9/2
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
更新チェック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ギャラリー・コンペなど
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 酒餅4 酒餅3 ずをコンthird ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]