2015-02-18(Wed)

メガバズーカランチャー ぶら下げ

百式/デルタの工作もそろそろ終盤に差し掛かってきて書くことがなくなってきました。
今回は細々したネタを。

hyaku19-01.jpg
色んなところを別パーツ化などしてなんとか工作完了後に塗装できるようにしてきましたが、メガバズーカランチャーの後ろの方はどうにも方法が思い浮かばず、一部パーツを塗装してからマスキング→挟み込んで接着することに。
本ブログ始まって以来初めてかと。

中央の四角い白いパーツは、デルタのシールドにぶら下げるための部品。


hyaku19-02.jpg
こんな感じでぶら下げます。
左側の丸で囲んだところが上の写真の四角いパーツ。
右側の丸で囲んだところはシールド側とメガバズーカランチャー側にそれぞれネオジム磁石を仕込んでます。

hyaku19-03.jpg
メガバズーカランチャー側のパーツの裏側はネオジム磁石を瞬着で固定してます。
ツヨさんがプラを削って穴を開けてネオジム磁石を埋め込み、瞬着でコートする方法を紹介されてたのでやってみようと思ってたのですが、表面にモールド入りプラ板を貼ってたので今回は使えず。

hyaku19-05.jpg
ネオジムつながりもう一つ。
肩のカバーもネオジム磁石での接続にしました。

hyaku19-06.jpg
肩パーツ側にネオジム磁石を埋め込み、カバー側には金属片(いつもの缶詰の缶の切れ端)を貼りつけてます。
ここも見えなくなっちゃうので磁石を瞬着でコートする方法は結局使わずじまい。

hyaku19-07.jpg
また話は変わって襟パーツ。
デルタ由来の余剰パーツにはメガ式の襟パーツのようなディテールが入っていなかったので、マネしてディテールを入れました。

hyaku19-04.jpg
また話が変わります。
武器のたぐい。
メガ式の手は百式の手よりも小さいので、そのままでは百式の武器を持てません。
いちばん上はメガ式に付いていたもの。
持ち手はそのまま使えるはずですが、メガ式のはグーの手に棒みたいな持ち手を突き刺す形式なので、デルタのものを後ハメ加工して使います。
中段のクレイバズーカの持ち手部分は削り込んで小さくしました。
なんだかなまめかしい形状になりました。
クレイバズーカにはGFF(たぶんZII)のクレイバズーカのディテールをパクって幾分ディテールを追加しました。
削り込みがなかなか面倒だったので、いちばん下の百式のライフルは、持ち手をデルタプラスのものから奪い取ってくっ付けました。

hyaku19-08.jpg
最後も話は変わってパイプのあいだ用のビーズ。
先日紹介したものを追加で購入しておこうと思ったのですが、ユザワヤに行ったらつや消しのものを見つけました。
これなら塗装しなくても結構いいんじゃないかと。
これは黒のつや消しですが、透明のつや消しのものもありました。
つや消しならもしかしたら塗装もできるかもしれませんね。


さてさて、ネタ切れです。
あとは塗装で何か書くことがあったら書きますが、多分2、3週間はブログ更新はお休みです。

それでは!






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

あば

Author:あば
1/144限定、宇宙世紀モノ限定でガンプラをゆっくり作ってます。遊べるプラモが大好きです。リンクはご自由にどうぞ。

カウンター since 2012/9/2
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
更新チェック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ギャラリー・コンペなど
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 酒餅4 酒餅3 ずをコンthird ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]